.

お店でいずれもの保有カードが使用できるわけでもない▽クレジットカードの加入店は一般的にたくさんのカードのブランドと契約していますが不便なことに全ての商店で全部の使えるわけでもありません。古いタイプの商店のときはJCBロゴの入ったカードしか使用不可な場面もあるし今日のお店だったりするとビザとかマスターの名前のやつだけしか使えない場合もあります。ダイナースカードといったカード会社ならば、もっと決済不可な場所が増えるのではないでしょうか。何の印のクレジットカードが決済可能かというのをどうやって見たら良いのか?「それならどのような方法でどのクレカが決済可能かというのを見分けると良いのか?」といってみても正確に判断するのにはお店の従業員に聞いてみるのみ、ていうのが正直なところ正しい回答です。でも大多数の店やショッピングモールにはその見える部分に使用できるクレカ会社のロゴがプリントされた認証マークが掲示されているんで「なるほどその店舗はアメリカンエキスプレスカードが使用できるんですね」というふうに迷わないようにされているので記憶にとどめておいてほしいと思います。とはいっても、細かく加入管理が行き届いていないショップのような場合には、ロゴマークが掲げられている場合でも「ここではお客様のクレカはご使用になれません」などの答えをされるなどということもないわけでもなくメンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。やはりできる限りはより多くの加盟店舗でクレジットカードが決済できるようにしようとすると異なるマーク(国際会社)が入っている一般的なVASA、MasterCard、ダイナースカード、アメックス、というようなクレカをいくつか持つようにしたほうがいいでしょう(例えば:VISAカードを契約しているなら二枚目はMasterCard契約のカードを携帯するようにするとする等)。もっぱら海外に出ないならVISAカード、MasterCard、JCBの3つのロゴが入ったクレカを常時財布に入れておけば返済状況に問題がない限り100%近くのカード決済可能店舗で3枚のうちどれかのカードを渡すことができます。カードを使って日々節約を目指すならば、それぞれのクレジットカードを所有しておいていただくようお勧めします。