.

電車等の乗車チケットの類をいっぱい購入してしまう>ショッピング枠の現金化というもの使用しないで、利用者自らが換金目的をもってクレジットカード利用をする行為も同じ事です。現金に変える方法を狙ったクレジットカードのショッピングであるとクレジットカードの規約違反になってしまうことが理由です。複数枚の電車等の乗車切符の他切手販売等におけるクレジットカード決済をすると、最悪現金化が目的ではないか、というようにマークされる恐れがありますので、注意することが必須です付け加えると、すでにキャッシング枠というものが上限となってしまっている場合においては新幹線の旅券等を購買しようとする時にクレジットカード会社の担当者から連絡が入るという事例があるため、資金不足時のカード決済はさせないようにされている模様です。お金に困っている際に企てる内容は皆、似たようなものであるのでしょう。カード発行会社に都合の悪い利用の仕方をしてしまうこと》少し前に話題に上がった『永久不滅』など、カードの発行会社の立場からみてほんの少しも利益となることのない決済を行った場合クレジットの会社から強制没収させられる事実がある。ネット上で話題となったクレジットカードポイントの不正な搾取等認知されていない秘密のやり方が存在してもそういった情報は一切カード会社のルールに反することとなるから何があっても行なってしまわないようにして頂きたい。失効となったデータについては他のカード会社へ流れる→クレジットを強制失効させられてしまってもその他のクレジットに関しては使用できるのだから1枚くらい大したことないでしょう?とか考えている方現代の情報社会でその考え方は身を滅ぼすことになる可能性もあります。なぜかと言うと、まず強制退会させられてしまうケースになると、クレジットカードの発行会社各社が見ることが出来る個人信用情報機関へそういったカード情報が更新されてしまうために、信用力は急落する事態があるためです。契約している一社であるとしてもカードを強制没収となってしまうと、別会社のクレジットカードでも契約できなくなってしまいますし、最悪別の所有しているクレカを強制没収となることもなくはないでしょう。強制退会されずに継続使用できるようでも期限満了の際に使えなくなることもあるでしょう。しつこく記載させてもらっているが強制失効させられてしまう使用は何があってもしないように規約に則ってクレジットを利用してほしいと考えています。