.

ようやく仕かける時という局面では、第一に事前調査をしなくてはいけません。トレードを行う前であったならば、起こる事を落ち着いて見ることが出来ます。だけれども、市場の内部へ足を踏み入れると、どうあがいても考え方が客観性を欠くものになってしまいがちでちゃんとした考え方が出来なくなる。危険があります。それだけに考え方が冷静な場面で、間違いない準備をしておくことが重要です。この”j事前準備”のためには、自分だけのシナリオを考える事からスタートします。この通貨は上がる(または下がる)から、ユーロを売買するというような、自分なりの脚本を書いていきます。次に日足チャートを確認しましょう。今までの市場の上げ下げを見定めて現時点でのチャートを確認する。すると、「今は過度に行き過ぎた状況になっているな」または「多数の方がエントリーしているから今さら自分か取引しても今はもうやりようがない」などと判断できます。言うまでも無くすでにしかけるのがなすすべがないと感じたならば、何もせず、そこはきっぱりと割り切ることが大切です。どう工夫しても自分のシナリオを押し通そうとして、強引に注文すると、為替相場に押し返されてかえって損失を被ることになる可能性があります。そうは言っても多くの場合では準備が出来ている自分なりのストーリー展開を思い描いているとすれば取引が遅いなという状況にはなりません。たぶん、現実に外国為替相場が動意する前の状態のはずだからです。その次に差し当ってあなたがとろうと検討している通貨ペアの動きをしっかり確認する事が大切です。仮定として円安が進むだろうという物語を作ったのであれば、その外貨の上下動に注目しておくことだ。相場の上げ下げを気をつけ始めた場面ではまだドルは大きく推移する兆候を見せることはなく上下にちょっとした動きを繰り返しているだけでしょう。でも、その上げ下げを正確に見ているとある位置でじりじりとドル高へと外国為替相場が動き始めてくる。ここでやっと、ドル買いのエントリーします。通常は、これだけ注意深く事前準備を進めておけばそのトレードで利益を上げる確率は高くなるはずです。